すべてのものに季節がある

gochang.exblog.jp
ブログトップ

園芸バカ

増えちゃいました…
店頭でさんざん悩み…
第一園芸スタッフさんのお話を聞きつつ、
f0217224_2034383.jpg

イエロー ハイブリッド。
今までのイエローのラベルがついているものは、
咲いてみると『黄緑』が正解。ということを知っていた私は、
黄色のクリスマスローズには手を出していなかったのです。
これも怪しいといえば怪しい。(笑)
開花株を買わない私が買った中で一番高価な苗です。
(もっと高い黄色『ゴールデンイエロー』なるものもありましたが、小さなポット苗にして葉の形がそれぞれ違うというのを見ると安定には程遠いな、と判断。)

この季節になると毎年悩むチューリップ。
私の住むのは暖地。
チューリップは一年草扱い。
春だけの贅沢品…でも楽しみが長い分、お得じゃないかっ???というわけで。
f0217224_20422677.jpg

球根到着!
来年は凄いことになりそうですよん。
一緒に植え込む苗も多数待機中。
f0217224_20433833.jpg
f0217224_20434823.jpg

今日出来れば植え込みしたっかったのですが、
バラの整理やら、予防やらで力尽き、
(猛暑のせいか虫が例年より発生しています。)
クリロー植え込むのがいっぱいいっぱいでした。
きれいに咲いているデュランタを表に引っ張り出してきました。
f0217224_20464547.jpg

いい感じの紫色がでませんね…。
デジカメで青系は難しいです。
このデュランタ、14,5年経つのでは?
ちょうどガーデニングブームの時に母が植えていたものです。
今じゃ珍しくも何ともないですが、
当時はとても高価だったのですって。
ほったらかし気味でも全然丈夫で(笑)
植え替えとか剪定を私が適当にやっておりました。
放っておくとどんどん大きく暴れながら大きくなっちゃいます。
f0217224_20513173.jpg

コンパクトにしても咲きますよ。
隣は斑入りのトネリコと紅葉しつつあるマルバノキ。
いい季節になってきたなぁ~。

最近のお気に入り。
f0217224_20532869.jpg

秋味色々の豆乳です。
おやつにしています。
[PR]
# by go-chang | 2010-10-14 20:57 | 植物

秋商戦開始!

え~随分過ごしやすくなってきまして、
秋のガーデニングシーズン到来…ということもあり、
職場も秋商戦。
ラジオにも出ました(笑)
なんか、いいですね。
社会人になって何年も経ちますが、
なんだかんだと(スケールこそ小さいですが)
はじめてのことがやらせてもらえているのは
幸せな環境ではないかと思います。(笑)

バラ苗についてお話させていただきました。
秋・冬、力を入れている商品ですし、私は結構なロザリアンですので。

f0217224_12261670.jpg

彼岸花。
偉いですね~。
お彼岸前にはひょっこり蕾がでているのですから!
不思議。
白いリコリスです。
ウチではお隣さんのグリーンベルト?に咲いています。
グリーンベルトって、建物を建築するときに、敷地から少しセットバックをとって植栽スペースを設けるところをいうのですが、住宅といい、店舗といい、たいてい『軒下』なんですね。設計士さんは教科書通りのことだけを図に書いてなぁ~んも考えてないのがよくわかります。枯れこんで放置しているグリーンベルト、そこら辺にたくさんあります。
例に漏れず、お隣さんも放置。
なかなか難しいのです。『軒下』は。
で、私が遊ばせて貰ってます。
f0217224_12354260.jpg

幅15cmとかかな?
放置して何年も経っていたので、
少しずつ土を入れ替えつつ。
でもちゃんとバラも育ちますし、
日の当たらないところにも、緑。
f0217224_12374277.jpg

長さは6mくらい?もっとあるのかな…。
母がヒメツルソバ(ポリゴナム)で遊んでいたこともありますし、
一時、ローズゼラニウムをわぁ~と植えていたこともあるのですが、
根がゴボウくらいに成長。
ものすごいはびこりようで手に負えず引き抜きました。
ハーブの地植えはだだ広ぉ~い敷地でないとだめですね。

f0217224_12402616.jpg

長い花壇とウチの長いワンコ。

父母不在時に実行!(笑)
ついにベランダ進出の今年のNEWフェイスたち。
クリスマスローズ。
開花は2,3年後ですので。
f0217224_1247501.jpg


夏の間さすがにネグレクト気味だったバラたちにも全て手をいれ、
秋バラシーズンを待つばかり。

いやぁ、本当にこの夏をガーデンセンターで乗り切れた自分が凄いな、と思います(笑)
[PR]
# by go-chang | 2010-09-30 12:51 | 植物

暑すぎ…

暑い…言っても涼しくはならないけれど
暑い。
すさまじい暑さです。
風も重い熱風。

休日はぐっすり昼寝、といった優雅さとは無縁で
『ぐったり』眠ってます。
午前中だけです、なんとか意識があるのは。

f0217224_19551620.jpg

ひとつ、オシャレなひまわり咲きました。
夏の風景にダイナミックなカンナ!と思い、
今年初めて植えてみたものの…
花が咲いたらBlogにupの予定も、
う~ん、花、好きじゃない(笑)
スジスジした葉はカッコいいのですが、
花、なんかべろべろしてるし嫌い。
…遠くから全体像を眺める植物かも。
どうしても、私は目が近くなっちゃうんで。
f0217224_19594494.jpg

わっさ~と大きくなった葉はホリホック。
でも、こちらは二年草。
お顔が拝見できるのは来年なのであります。


市場も動き始め、今週末から秋の草花、花木、野菜が本格的に入荷開始。
植物の動きはファッションに近く、
残暑はさておき、秋モードにシフトチェンジ。
日曜美術館の加藤淳さんのお花に触発され、
キキョウの寄植えなんぞ仕込んでみたり。
アパレルの世界でも、素材は夏物、色や形は秋っぽいものが売れているのだとか。

首の汗疹は当分引きそうにありませんが、
明日から秋の演出に取り掛かります。
[PR]
# by go-chang | 2010-08-19 20:07 | 生活

力、温存。

夜から明け方にかけての雨、大歓迎!
特に休日の朝は。

久々に休日らしいゆっくりした朝を迎えることができました。

f0217224_22392865.jpg

寄せかごに入っていた小さなポット苗が大きく成長。
はじめて花が咲きました。
…きわめてワックスフラワーに似ている花が。
ラベルにはティーツリーとあった。
あの、アロマのティーツリー?
ワックスフラワーとは葉が大分違いますが、
花は本当に似てるなぁ。

f0217224_22423495.jpg

大きな葉で暑い夏に個性発揮のエスカルゴ。
ダイナミックでかっこいい。

f0217224_22433534.jpg

黒蝶も次々開花。
花期も長いし、本当に優秀。
切り花で買うと結構高価なお花です。

f0217224_22453254.jpg

職場で買った種で育てたひまわり。
はじめて買うメーカーのでした。
正直期待はずれ。
もうここのは買わない。

f0217224_22465371.jpg

ルドベキアは元気いっぱい!
このコはとにかく暑さに強いわ~。

f0217224_22484693.jpg

フロックスは斑入りが涼しげに咲いてます。
涼しげ、ではありますがこの方も暑さに強いです。

f0217224_22494610.jpg

売り場のラベンダーは蒸れ蒸れでほぼ死滅状態にありますが、
(そりゃ、富良野ラベンダーは無理だろ?と思う…)
我が家のフレンチラベンダーは元気です。
梅雨前にばっさり切り戻すことと、風通しがいいと大丈夫。
(そして富良野なんて選ばなければ…)

f0217224_22524665.jpg

きゅうり、ゴーヤー、ピーマンはもはや食べるのが間に合いません。
母不在のため、西瓜とも格闘中!
[PR]
# by go-chang | 2010-07-29 22:56 | 植物

静める

職場では8時間勤務のうち、人数が少ないときなどは
最大6時間のレジ業務のシフト。
最近、体調不良で欠勤者が多く過酷。
ま、一人でレジしながら寄植え10鉢とか。
私もたいがい植物バカですが、
こんな暑い時期に来ていただけるお客様も
かなりの植物好きに違いありません。

ガーデンなんて『外』ですので、
30過ぎてまさかの『あせも』(笑)
…私の場合、休みの日のお家作業のせいもあるのですが。
100パーセント趣味なので、仕事よりもハードに動いてます(笑)
こんな暑い中の園芸作業は我が家のコたちのためでなければう動けません!
ご近所のおば様たちに、
「あんた倒れるで!」といわれつつ。

精算に来るお客様には、
「暑いけどがんばって!」…なんて言葉ではなく、
「ここは地獄やな~」とか「かわいそうに。」の言葉。(苦笑)
立ってるだけで汗、噴き出します。
お花の業界は夏は停滞時期、ではありますが、
(そりゃ、この暑さ。買って帰っても植え込む作業していると死ぬかも。)
来る秋のガーデニングシーズンに向けて売り場作りの妄想中(構想?)です。
植物は停滞しますが、
除草剤&草刈機や替刃、噴霧器修理でバタバタし、
なぜがガーデン担当のよしずの積み込みに男性スタッフは走り回っております。

暑い、だるい…ささくれ立った心を静めるために美術館へ。
瀬戸内国際芸術祭。なんてものが開催中ですが、
う~ん、夏の瀬戸内海の島々は暑さ格別でして、
私個人としてはとても島々を回る気力も体力もなく。
そんなにしてまでゲンダイビジュツを鑑賞したいと思わない。
まったく思わない。
けど、母の『別荘』近くの東山魁夷せとうち美術館へはランドスケープが好きで
気分転換に行きます。
芸術祭開催期間中は千住博の展覧会と、
東山魁夷の本画(東山魁夷、と名前が付く美術館なのに、東山画伯の作品は通常なぜかほぼリトグラフのとほほ、な展示なのです。この美術館。)

う~ん、また滝なの?千住さん。とは思いつつ。
今回は蛍光塗料を使って、ブラックライトの照明で『光る絵画』。
冷房効いてるし、実際の滝に滝に行くより涼しくていいや。なんて思ったのは一瞬のこと。
妙にリアルな滝なのに『音』がしない。
きっちり、かっちりした優等生的な作風とあいまって息苦しい。
もうひとつは、『動く絵画』。
ハイビジョン作品。←絵画、でなく画像?
風に揺れる湖畔?のような景色に小鳥が飛び、今度は小鳥の音声付。(3Dサラウンド)
お金、かかってるな。と思った。(笑)

東山魁夷作品は北欧の景色を描いたものと日本の風景計4点。
いやぁ~よかった☆
全く古くならない。
素敵。
f0217224_2251122.jpg

ミュージアムショップでスプーン購入。
東山魁夷。
正直ビックネームすぎて感心薄だったのですが、
何度か訪れるうちにすっかりファンになりました。
変わらないもの、といいますか、
まなざしの真っ直ぐな感じが好きです。

蛍光塗料やハイビジョンもいいですが、
変わったことしなくても十分。
東山作品で私のささくれた心もしばし静まる。

美しいものの力です。
[PR]
# by go-chang | 2010-07-26 22:57 | おでかけ