すべてのものに季節がある

gochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

力、温存。

夜から明け方にかけての雨、大歓迎!
特に休日の朝は。

久々に休日らしいゆっくりした朝を迎えることができました。

f0217224_22392865.jpg

寄せかごに入っていた小さなポット苗が大きく成長。
はじめて花が咲きました。
…きわめてワックスフラワーに似ている花が。
ラベルにはティーツリーとあった。
あの、アロマのティーツリー?
ワックスフラワーとは葉が大分違いますが、
花は本当に似てるなぁ。

f0217224_22423495.jpg

大きな葉で暑い夏に個性発揮のエスカルゴ。
ダイナミックでかっこいい。

f0217224_22433534.jpg

黒蝶も次々開花。
花期も長いし、本当に優秀。
切り花で買うと結構高価なお花です。

f0217224_22453254.jpg

職場で買った種で育てたひまわり。
はじめて買うメーカーのでした。
正直期待はずれ。
もうここのは買わない。

f0217224_22465371.jpg

ルドベキアは元気いっぱい!
このコはとにかく暑さに強いわ~。

f0217224_22484693.jpg

フロックスは斑入りが涼しげに咲いてます。
涼しげ、ではありますがこの方も暑さに強いです。

f0217224_22494610.jpg

売り場のラベンダーは蒸れ蒸れでほぼ死滅状態にありますが、
(そりゃ、富良野ラベンダーは無理だろ?と思う…)
我が家のフレンチラベンダーは元気です。
梅雨前にばっさり切り戻すことと、風通しがいいと大丈夫。
(そして富良野なんて選ばなければ…)

f0217224_22524665.jpg

きゅうり、ゴーヤー、ピーマンはもはや食べるのが間に合いません。
母不在のため、西瓜とも格闘中!
[PR]
by go-chang | 2010-07-29 22:56 | 植物

静める

職場では8時間勤務のうち、人数が少ないときなどは
最大6時間のレジ業務のシフト。
最近、体調不良で欠勤者が多く過酷。
ま、一人でレジしながら寄植え10鉢とか。
私もたいがい植物バカですが、
こんな暑い時期に来ていただけるお客様も
かなりの植物好きに違いありません。

ガーデンなんて『外』ですので、
30過ぎてまさかの『あせも』(笑)
…私の場合、休みの日のお家作業のせいもあるのですが。
100パーセント趣味なので、仕事よりもハードに動いてます(笑)
こんな暑い中の園芸作業は我が家のコたちのためでなければう動けません!
ご近所のおば様たちに、
「あんた倒れるで!」といわれつつ。

精算に来るお客様には、
「暑いけどがんばって!」…なんて言葉ではなく、
「ここは地獄やな~」とか「かわいそうに。」の言葉。(苦笑)
立ってるだけで汗、噴き出します。
お花の業界は夏は停滞時期、ではありますが、
(そりゃ、この暑さ。買って帰っても植え込む作業していると死ぬかも。)
来る秋のガーデニングシーズンに向けて売り場作りの妄想中(構想?)です。
植物は停滞しますが、
除草剤&草刈機や替刃、噴霧器修理でバタバタし、
なぜがガーデン担当のよしずの積み込みに男性スタッフは走り回っております。

暑い、だるい…ささくれ立った心を静めるために美術館へ。
瀬戸内国際芸術祭。なんてものが開催中ですが、
う~ん、夏の瀬戸内海の島々は暑さ格別でして、
私個人としてはとても島々を回る気力も体力もなく。
そんなにしてまでゲンダイビジュツを鑑賞したいと思わない。
まったく思わない。
けど、母の『別荘』近くの東山魁夷せとうち美術館へはランドスケープが好きで
気分転換に行きます。
芸術祭開催期間中は千住博の展覧会と、
東山魁夷の本画(東山魁夷、と名前が付く美術館なのに、東山画伯の作品は通常なぜかほぼリトグラフのとほほ、な展示なのです。この美術館。)

う~ん、また滝なの?千住さん。とは思いつつ。
今回は蛍光塗料を使って、ブラックライトの照明で『光る絵画』。
冷房効いてるし、実際の滝に滝に行くより涼しくていいや。なんて思ったのは一瞬のこと。
妙にリアルな滝なのに『音』がしない。
きっちり、かっちりした優等生的な作風とあいまって息苦しい。
もうひとつは、『動く絵画』。
ハイビジョン作品。←絵画、でなく画像?
風に揺れる湖畔?のような景色に小鳥が飛び、今度は小鳥の音声付。(3Dサラウンド)
お金、かかってるな。と思った。(笑)

東山魁夷作品は北欧の景色を描いたものと日本の風景計4点。
いやぁ~よかった☆
全く古くならない。
素敵。
f0217224_2251122.jpg

ミュージアムショップでスプーン購入。
東山魁夷。
正直ビックネームすぎて感心薄だったのですが、
何度か訪れるうちにすっかりファンになりました。
変わらないもの、といいますか、
まなざしの真っ直ぐな感じが好きです。

蛍光塗料やハイビジョンもいいですが、
変わったことしなくても十分。
東山作品で私のささくれた心もしばし静まる。

美しいものの力です。
[PR]
by go-chang | 2010-07-26 22:57 | おでかけ

七夕の夜に…

f0217224_1481064.jpg

出会いは4日の日曜日。
お昼休みが終わり、売り場に戻るとそこにパグの子犬。
どこからやってきたのか?
元気はいいものの、
炎天下、体中アツアツで、かわいそうなくらい…
探しているヒト、見当たらず…

店内はくちゃくちゃの大忙し。
レジ小屋の中で飛び跳ねるパグちゃんに構っている余裕なく、
弟君に我が家に連れて帰ってもらいました。
f0217224_14163016.jpg

まだ乳歯で、女の子。
きっと飼い主は必死で探しているだろう。
すぐに飼い主が現れる…と思っていたのに音沙汰なし。
翌日、仕事が休みの私はパグ子(仮)をつれて市内の動物病院をまわり、
警察に電話、保健所へも連絡…手がかりなし。

推定4,5ヶ月のかわいい盛りの姫ちゃん(仮)←母は花ちゃん(仮)と呼ぶ。
頭の回転も速く、活発で本当にかわいい!
現在7歳と高齢犬の仲間入りをした我が家のシーズー、豪ちゃんもかつてはこんなだった…
と懐かしむと同時に、豪は歳をとったんだな…と。
姫ちゃんはとにかく遊びたいのに、まったく豪が受け入れず…
狭い我が家はゲージで2分割、姫のトイレトレーニングに豪のケア、
…我が家は戦場と化しました。
このまま我が家で飼うのは不可能…と家族の誰もが心にそう思いながら。
(弟は覚悟を決めて、仮にでも名前をつけませんでした。)
かわいくて仕方ないのと同時に、姫ちゃんの飼い主を一日でも早く見つけなければ。
どうやら、もともとの飼い主は姫ちゃんをゲージにほったらかしで飼っていたと推測。
言葉もわからない、肉球がやわらかく、きれいなことから室内で飼っていたにもかかわらず、
爪を切っていないことなどが理由。
こんなにかわいく、さらに高価な犬を炎天下に置き去り???
探している気配のない飼い主。
警察の方は、パグはいびきがうるさかったり、体臭があるので放置したのではないかと。
信じられませんが、世の中には無責任なヒト、いますし…。
姫ちゃん、車にも轢かれず、私のところへやってきたのは奇跡かも。

四日目の七夕の夜。
姫ちゃんは新しい飼い主のもとへ引き取られていきました。
幸せになってね。
いっぱいかわいがってもらうんだよ。
f0217224_14154152.jpg

たった四日間だったのに、
連れに来たヒトが抱きかかえようとすると必死で踏ん張って抵抗していた姫、
我が家で幸せだったんだね。
f0217224_1416720.jpg

子犬らしいかわいい盛りの限られた時期は、
看取ってくれるまで面倒見てくれる飼い主の特権。
手放すなら一日でも早いほうが姫のため…。

姫は、七夕の夜にやってくるということで、
あたらしい家族に『ナナ』と名前をつけてもらっているそうです。

どうか、どうか、幸せに。
[PR]
by go-chang | 2010-07-08 14:24 | ペット