すべてのものに季節がある

gochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収穫

きゅうりとピーマンを収穫。
きゅうりは真っ直ぐなのが夏すずみ。
曲がっているのは、サントリーのばりうま!きゅうり。
サントリーのはどうやら四葉っぽいな。
ピーマンもサントリーの肉厚の。
f0217224_21472594.jpg

茂りまくりのバジルは手付かず…
休みの日にバジルペーストを仕込まなくては。

野菜苗。
サントリーのは少々お高いのですが、
ラベルの写真といい、名前といい、デザインがGOOD!
さすがメーカー苗、という感じなんですよね~。
[PR]
by go-chang | 2010-06-29 21:51 | おいしい

植物の様子。

蒸し暑いですね~。
全身から汗が噴き出しているのを感じます。
職場は『外』なので、
冷房は除湿設定。
出入りするとき、あまりに温度差があると気分が悪くなってしまうから。

紫陽花もそろそろ終盤です。

f0217224_13323788.jpg


f0217224_13325338.jpg


f0217224_1333312.jpg

十二単。
毎年遅くまで楽しめるのですが、
今年は花が少なかった。

f0217224_13342994.jpg


f0217224_13345195.jpg


f0217224_1335294.jpg

紫陽花、一目ぼれして、つい新入りを迎えてしまいました…。
f0217224_13372270.jpg

テマリテマリ。
職場ではないガーデンセンターで発見。
ポット苗なので安かったのデス。
アナベルのような可憐さのかわいい子です。
早速、鉢増し。

エリンジュウム、瑠璃玉アザミ。
種まきからの方々です。
ミツバチや蝶が頻繁に訪れています。
甘いのかな~。
f0217224_1335419.jpg


f0217224_1335594.jpg


f0217224_13362294.jpg

母が子どもの頃は、土手なんかに自生?している日本のあざみをよく取りに行っていたそうです。
話を聞くと、単にお花摘み、というかわいいものではないのですよ。
あざみの花に卵を産み付ける蜂がいて、
その幼虫が目当て。
花を割ると中に幼虫がうじゃっと!
なぜそんな気持ちの悪いものを!
その幼虫を餌にするとキスがよく釣れるのだとか。
おじいいちゃんがよく、釣ってきたキスを一夜干しにして、
それを焼いて食べるとめちゃくちゃ美味しかったのですって。

う~ん、あの虫たち、まさか卵を産みにきていたんじゃないでしょうね?
寄生は日本のあざみだと母はいいますが、ちょっと不安です。

f0217224_13475791.jpg

水玉、タマタマ。
ボウロみたいなマトリカリヤとディクロア。
f0217224_13485022.jpg


f0217224_1349660.jpg

ディクロアは昨年は水切れのせいか、
美しい実が鑑賞できませんでした。
今年は注意して管理。

f0217224_13502184.jpg

かなり私好みのバラ。
ジャクネッタ。
f0217224_13505826.jpg

こちらは、これでもストラボ・バビロン。
花姿が全然違う…
がっかり…。
昨年はまだ環境に慣れてないから?などと思っていましたが、
どうやら違うんですよね。
うどん粉病は激しいし、弱い…
ため息でちゃいます。
f0217224_13533484.jpg

こちらも私のため息のもと。
ノルウェーカエデ ロイヤルレッド。
電柱の下あたりに置いてあるので、
よく鳥の糞害にあってしまうコなのですが、
なんだか葉が透けていることを発見。
糞はすぐ水で流しているのですが、とうとう酸にでもやられてるのか?と思ったら、
葉の裏はイラガの群生。
発見が早くてよかったよ…。
イラガ…図鑑でしか見たことがなかったよ~。
もみじとか、実は非常に虫がつきやすいんですよね。
ノルウェー、お前もか。

植物を育てていると、毎年違った病気や虫と遭遇します。

刺激的…そしてどっと疲れる。

f0217224_13593430.jpg

夏対策!
やっぱ、タビックス。
そして、足指サラサラクリーム。
少しでも快適に働くためのマストアイテムです。

f0217224_1411978.jpg

ルドベキア。
これからは暑さに強い植物を。
f0217224_142342.jpg

ダリア黒蝶。
今年もちゃんと出てきてくれました。

ダイナミックなお花、楽しみです。
[PR]
by go-chang | 2010-06-28 14:05 | 植物

梅雨入り。

雨に似合う花、紫陽花。
とはいえ、あまりの豪雨に重たいお花がぐったりです…。
この湿度の高さのせいか、身体(気分?)も重く、
画像は約1週間前?くらいのものです。
なので、お天気もよく、色がまたも軽く写ってしまってマス。

f0217224_21104563.jpg

ジュリア。一番花が一番遅く咲きました。
秋のジュリアがジュリアらしいかな。
f0217224_21105748.jpg

ラブソティ・イン・ブルー。
あまり日が当たらない我が家ではいい色でます。

温度が上がってくる2番花以降は、どうしても、
なにをしても、憎っくき小さな敵『スリップス』の姿が…。
バラ栽培初期は、見つけた株はすべて蕾を取り除く…なんてこともしてましたが、
無駄…。
奴の姿を見たら、2番花以降は切花にして室内に飾る…なんてことはしなくなりました。
毎年見つけるたびにがっくりです。
何かいい方法はないのかしら。
無農薬でバラを作られている方、
気にならないのかな~。
ほぼ、薬品など使わない栽培をしていますが、
アブラムシやチュウレンバチ、黒点、うどん粉…そんなものは簡単なんです。
マメに手入れさえしていえばたいした被害はありません。
が、スリップスはどうしても防げない。
株が小さなうちはオルトランで効果はありますが、
最初だけですね。
哀しいです。
f0217224_21111068.jpg

オキシペタラムが咲いています。
花屋ではブルースターですね。
キーパーの水替のときはこの方のバケツは独特の臭いがあって苦手でしたよ。
f0217224_21112140.jpg

ピンクのアークトチスとブルースター。
なんともファンタジーな色あわせです。
このウソっぽさも自然の色なんだから凄いですよね。
f0217224_21113022.jpg

種まきっこのエリンジュウムも色がついてきています。
ワイルドに育ったものだ。
f0217224_21114163.jpg

紫陽花たち。
f0217224_21115049.jpg


f0217224_2112046.jpg


f0217224_2112961.jpg


f0217224_21121992.jpg

緑に覆われていく我が家。
グリーンのカーテンも我が家ではエコとは無縁。(笑)
[PR]
by go-chang | 2010-06-17 21:29 | 植物

紫陽花のある風景など。

朝からピカーン、と晴れ。
お天気が良すぎて、全体的に軽めの色に映っていますが、
それでも自然の色ってなんて美しい。
f0217224_20404834.jpg

ヤマアジサイは最初に咲き始める。
水切れしやすいので要注意。
f0217224_2041025.jpg

コバンノズイナも満開。
淡い、甘い香りがします。
f0217224_20411078.jpg

こちらはハンゲなど。
冬場に地上部に何もなくなるとうちの親父がビールケースなんかのっけちゃうのですが、
毎年、みるみる緑に覆われます。
f0217224_20413294.jpg


f0217224_2041423.jpg


f0217224_20415177.jpg


f0217224_2042280.jpg

職場はスニーカー。
軽いのが一番!
スニーカーはもはや消耗品。
2,3足をまわしているのですが、
それでも1ヶ月に1足は履潰している状況。
f0217224_20421220.jpg

…でもなかなか愛着があって捨てられないコが溜まってマス。
[PR]
by go-chang | 2010-06-03 20:51 | 植物