すべてのものに季節がある

gochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鉄線。

鉄線が咲きそろいました。
なんだかくるくるまわりだしそうな花たち。
f0217224_2234561.jpg

鉄線もクレマチスです。
クレマチスの種類はたくさぁ~んありますが、
日本の鉄線、は厳密には花びらが6枚のものを指すようで…。
我が家にはこの古風なコと紫のコがいます。
あと、そこからの変種で『白万重』も鉄線。

園芸種として華やかにかわいいクレマチスたちもいいのですが、
私は古風で凛とした清清しさを感じる鉄線が好きなのです。
f0217224_2275133.jpg

[PR]
by go-chang | 2010-05-28 22:08 | 植物

過酷な美術鑑賞

会期が長いのでそのうち…と思っていたら、
もうすぐ終わっちゃう。
というわけで、行ってきました。
f0217224_22222581.jpg

こんぴらさん。
登りましたよ。
目的は伊藤若冲『花丸図』。
修復を終えての公開です。
この長い階段…。
今日は涼しい一日でしたが、
汗、吹き出ましたよ。
修復前の公開の時はすごい混雑していたのですが、
今回は平日だったせいか
ゆっくり堪能できました!
…いやぁ、神椿のカフェも空いていたし、
お昼を食べずに階段を一気に上ったもので、
お昼には中途半端な時間でしたが甘いものは受け付けず
サンドイッチを食べました。
f0217224_2231195.jpg

こんなにいい運動になる美術鑑賞もちょっと他にないかも。

本日の我が家。
(咲き乱れるバラの画像はぼちぼち後回しにして…)
今年も咲きました、乙女百合。
f0217224_22331039.jpg

双子になってた。
美人姉妹です。
なんなんでしょう。
この透明感!
透明感を感じさせるもうひとつはアストランティア。
f0217224_22344874.jpg

私にしては珍しく、先日韓流映画をDVDでみたのです。
『親切なクムジャさん』←何なんだこのタイトル。
主演のイ・ヨンエ(チャングムの誓いで有名な女優さん)のキャッチコピーが
『酸素のような女性』なんですって!←日本ではありえない(笑)けど、
透明感がある、ってことなんでしょうね。
チャングム~は見ていませんが、確かにお美しい方でした。
日本では壇れいさんかな~。
[PR]
by go-chang | 2010-05-27 22:41 | おでかけ

この春の発見。

友達とLunchiの予定が、急遽変更。
(何と、友達が事故!無事で何より…でしたが連絡を受けたときにはヒヤッとした。)
本日も高速飛ばして母のところ。
花のリクエスト。
バラが次々開花していますが、
毎年違う表情を見せてくれるんですよね…。
こんな花だったっけ?みたいな新鮮な驚きをくれます。
そんな驚きで、
こんな美人だったのね!
アブラハムダービー。
今年は調子がいいです。
f0217224_22185020.jpg

この微妙な色。
そして咲き進むにしたがって違った表情に。
改めていい花だなぁ~としみじみ。
f0217224_22204310.jpg
f0217224_22205382.jpg

ヴァリエガータデボローニャ。
f0217224_22212821.jpg

ラブソティインブルー。
f0217224_22215345.jpg
f0217224_2222282.jpg
f0217224_2222112.jpg
f0217224_22222133.jpg

ハリーエドランドも花数が増えました。
f0217224_22231958.jpg

グラハムトーマスはしっかり前を向いて咲くところが優秀です。
f0217224_2224196.jpg

まるで双子のようなエレンウェルモットとテディンベス。
白く、黄色味がかっているのがエレン。
ピンクが強いのがテディンベス。
微妙~。

お花はバラのほかに、クレマチス、スイトピーをはじめ、デルフィニュームやら、カラーにバレリアン、セリンセ マヨール、ルー、ダスティミラー、アイビーにストロベリーの葉…
今度は大きなバケツに突っ込んでいきました。

何だかものすごく大きなお庭があるみたいに思われ(冷汗)
全部コンテナだというとそれはそれで驚かれ(笑)

花はいいですね~。
花があるのとないのとでは全然違いますもの!
[PR]
by go-chang | 2010-05-13 22:33 | 植物

休日はいつも、雨。

またも、雨。
休みの度に高速をとばしているので運転、疲れます…
しかも本日は、母のリクエストで花を持って行かねば!
なので、雨の中、花ガラをとりつつ、
切花になるお花を物色…冷たかったよ~。

f0217224_23165965.jpg

f0217224_23172411.jpg

粉粧楼。
雨の中、かなりの重たさ…
お花が無事に開いてくれて何より。
f0217224_23185096.jpg
f0217224_23185916.jpg
f0217224_23193822.jpg

やっと雪舟らしい花姿。
じっと見つめたくなるような不思議な色合いなんですよね。
f0217224_2321532.jpg

エレン ウィルモット。
f0217224_23214160.jpg

バベル バビロン。
このあたりは私の偏った好みが…。

で、バケツにつっこんでいった花。
f0217224_2330508.jpg

葉ものに、斑入りアマドコロやヒューケラ、ホスタ、ミスカンサスも。
車の中はお花の香り充満。
そして、お花の大好きな看護師さんの手でさまざまにアレンジされていきました…。
喜んでいただけて何よりであります。

昨日は母の日。
お花業界では一区切り…な感じでやれやれ、なわけです。
雪印のカーネーションをつれて帰ってきました。
f0217224_2323712.jpg
f0217224_23231627.jpg

シックなセピア色がかった花。
これがなんとも人気がなくて(笑)
枯れているようにしか見えなくもなく…
きっと、茶色とか黒とかで大人な感じのラッピングにすれば
高級感も漂うコなのでしょうが、
一定のパターンのラッピングしかできないせいもあり、
赤やピンクばかりが売れていきました…。
雪印のカーネーションなんですよ。
スノーブランドです。
うちの母が目にするのは来週になります。
さて、何と言うのやら?
[PR]
by go-chang | 2010-05-10 23:35 | 植物

朝から汗を流してます。

本日もまぶしいお天気でした。
出勤前から水遣りで、出勤してからも水遣りで…(笑)

出勤前のバタバタで撮る画像です…

f0217224_0475456.jpg

きらりが開花。
この株が満開になると、全体が一気に派手派手になっちゃいます。

f0217224_0494088.jpg

昨年の春?導入したセントーレアの株も充実。
いよいよお花を見ることができそうです。
…といっても、この葉の感じが好きで仲間入りしたコなんですけれど。
蕾も強そうだ。
f0217224_0513572.jpg


f0217224_0515336.jpg

f0217224_052102.jpg

ビバーナム、満開です。
かわいい。

f0217224_053093.jpg
f0217224_0531223.jpg
f0217224_0532395.jpg
f0217224_0533437.jpg

種まきしたドワーフのペンステモンも増殖中。
どうやらダリア黒蝶も無事冬越して芽が出てきてます。
姫フウロ、こんなにたくましいとは!
勢いが衰えません。
ミムラスはプランターでは花が咲かなくなっていたのですが、
地植えにすると見事に復活!
ミムラス、セリンセキャンディー、セリンセマヨール、バレリアン…
かなりの数のアゲハやモンシロチョウで大賑わいしております。

f0217224_058499.jpg

このバラは名前で無条件に導入したチャールズレニーマッキントッシュ。
花の割りに、茎が細くていつも重たげです。

f0217224_105344.jpg

フランシスデュプリュイをはじめ、
オクラホマ、パパメイアン等の黒バラ系は、
なんといっても香りが魅力ですが、
直ぐに開ききっちゃいます、散るのも早いですね~。
そのはかなさもまたよし。

f0217224_133978.jpg
f0217224_13531.jpg

タイガーズアイ。
くっきり赤いブロッチが何とも素敵!
咲きはじめと、咲いた時では黄色の濃さが違います。
私は重たげなフリフリちゃんよりは、シンプルなお花が好きなので。
(正確には趣味が移行していったわけですが。)
なおかつかわいさと印象的な強さを兼ね備えたロサ・ペルシカ種は大好きです!

テンディベスも開花です。
f0217224_17506.jpg


昨日ご紹介した雪舟。
花つきがものすごくいいんです…が、それゆえ株がまとまりません(泣)
最近、本や雑誌等で紹介されているのを見かけるのですが、
わりと花を切り花にしていけてある写真が掲載されているのはそのせい?と今朝ふと思いました(笑)花はコンパクトですが、株はコンパクトではありません。

さて、野菜苗…
牛ふん投入、石灰投入…まではやったのでしが、
植え付けは次の休みで…なんて思っていたらば
見るにみかねて?本職!のTさんが何とマルチをして苗を植えつけてくれていた!
f0217224_1193853.jpg


マルチ…雑草も防げ、水の蒸発も防いでくれる優れもの。
『マルチ、なんぼでも使っていいよ』とは言われていたのですが、
面倒くささが先にたち、躊躇していた間の出来事でした。

なので、スタートは完璧!なのであります。
[PR]
by go-chang | 2010-05-09 01:20 | 植物

毛布からいきなり扇風機

爽やかな5月はどこへやら…。
扇風機、氷、Tシャツ…夏アイテムにいきなり変更です。
昨年に比べて若干遅い?と思われていた我が家のバラたちも一気に咲き始めました。
日差しも、風も強くて人間も植物も大変!

毎年、1番に花が咲くのが
フランシスデュプリュイ。
f0217224_194693.jpg

雪舟、紫の園、ジャクリーヌデュプレ、ポールマッカートニー…どんどん開花中。
f0217224_1114938.jpg
f0217224_112591.jpg
f0217224_1125774.jpg
f0217224_1173760.jpg
f0217224_1182696.jpg
f0217224_1135710.jpg
f0217224_1141023.jpg
f0217224_1142259.jpg
f0217224_1144020.jpg
f0217224_115475.jpg
f0217224_115185.jpg

ひっそりとラヴェンダー色のスズランも。
f0217224_1193154.jpg

クレマチス。
f0217224_1195289.jpg
f0217224_120380.jpg

ワイルドなスイトピーもモリモリ開花。
花屋で扱っていたものでは気がつきませんでしたが、
スイトピーっていい香りです。
f0217224_1214374.jpg

冬にはただの地面だった場所にもシランや斑入りのアマドコロ。
f0217224_1222667.jpg

ブラックバロー。
f0217224_123020.jpg

チューリップはそろそろ終わりです。
f0217224_1235292.jpg

一番黒いチューリップ、ということで植えてみた球根からはこんな花。
f0217224_1245710.jpg

う~ん、クィーンオブナイトで十分かな。
あまり色味は変わりませんね。
新入りさんはアクトーチス。
ガザニアのような強健さとガーベラのようなかわいさを併せ持つシルバーリーフのカワイコちゃん。
f0217224_1284951.jpg
f0217224_129048.jpg

ハッカクレンの花も咲きました。
f0217224_1301468.jpg


本日の花たち。
f0217224_131310.jpg
f0217224_1311529.jpg
f0217224_1312884.jpg
f0217224_1314719.jpg


母のところへも、我が家のお花を。
クレマチスと雪舟、ジャクリーヌデュプレをいけてきました。
いつも通っている高速の景色がよそよそしく感じて
『道、間違えた?』と不安になるくらいのまぶしいお天気。

水遣りが大変だ~。
[PR]
by go-chang | 2010-05-07 01:38 | 植物

松山へ。

GW真っ只中。
久々に、友達と休みが重なり松山へ。
f0217224_20452213.jpg

まず、伊丹十三記念館。
設計:中村好文。
シンプルな黒い建物。
もう、外観だけでわくわく感がつのります!
f0217224_20474271.jpg
f0217224_20475585.jpg

車の展示も外。
ピカピカでなく、傷ついたり、へこんだりとあまりきれいに乗らないほうがかっこいい…といったような伊丹さんのことばも。
…このくらいの車でないとそれは通用しないかも(笑)
ベントレーに乗っていたらしい。
そういえば白州次郎もベントレーだったな、と思い出す。
f0217224_20514438.jpg

建物内の撮影は禁止されていたのですが、
面白いんです!
展示物と展示方法が!
まずは映像で奥様の宮本信子館長の挨拶。
2分くらいのごくごく普通の挨拶なのですが、
うるっときちゃいます。
さすが女優!
敷地中央のシンボルツリーは桂。
玄関前にも桂とトサミズキが植栽されていましたが、
緑がなんともほのぼのした雰囲気でよかった。
f0217224_21234733.jpg
f0217224_20561467.jpg

きれいにならんだピンコロのアプローチも温かみがあって素敵です。
お土産に買った十三饅頭も美味でした。

開館3周年記念の5月15,16日は宮本信子さんが館内を案内してくださるそうです。
抽選のようです。
伊丹さん、愛されてますね~。
ここの記念館は、いろんな愛を感じることができますよ。

伊丹作品を見直してみたくなりました。

続いては、
坂の上の雲ミュージアム。
f0217224_211184.jpg

設計:安藤忠雄
松山の三越近くにあります。
ミュージアムに駐車場はありません。
歴史が苦手な私は司馬作品を読んだこともなく、
話題のドラマも興味なく…
建物といい、内容といい、特筆するべきこともなく…。
ものすごい数がいるであろう司馬ファン(実際混雑してましたよ。)には
たまらないのでしょうね~。
なんとて、平衡感覚がおかしくなるような設計といい、
狭い廊下や階段で三角形!にまわっていく順路といい、圧迫感でストレスを感じちゃいました。
丁寧さを感じない施工。
先に伊丹さんのを見たから余計感じるのかしら?

でも、ここから素敵な洋館を発見!
萬翠荘。
f0217224_2195364.jpg

映画の撮影とかできちゃいそう。
(結婚式はできるようです。)
f0217224_21103818.jpg

これは模型。
f0217224_2111084.jpg
f0217224_2111106.jpg

さまざまなデザインのステンドグラス。
かわいいデザインがちりばめてありました。
f0217224_21122114.jpg

こうゆう細かいところまで手を抜かないところがとてもいい!
f0217224_2113999.jpg

ペンダントライトやシャンデリアには水晶。
憧れちゃいます!
かのシャネルも天然石のシャンデリアをアトリエに飾ってました。
何だかパワーをもらえそうですよね。
f0217224_21165824.jpg

裏手には、夏目漱石と正岡子規が約50日間一緒に暮らしたという愚陀佛庵が復元されていました。
ひと目で『復元』と分かっちゃう感じがむなしい…。

本日(4月29日)の花。
f0217224_21213387.jpg
f0217224_21214820.jpg

[PR]
by go-chang | 2010-05-03 21:25 | おでかけ