すべてのものに季節がある

gochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

神椿

友達に会いにこんぴらさんへ。
待ち合わせは、資生堂パーラー『神椿』。
名前にある通り、
行く山道には、何本かのヤブツバキが花を咲かせていました。
前回きた時には運転に必死で気がつかなかったので。(笑)

“今度きた時には必ず食べよう!”と決めていたパフェも平らげてきました!
すごいボリュームで、食べ盛り?の学生にちょっと戻った気分。
f0217224_19542796.jpg

ガールズトークでパフェなんて何年ぶりでしょう!

けっこうお腹にきました…
でも、幸せな気分デス。
[PR]
by go-chang | 2010-02-28 19:56 | おでかけ

科学のとびら

夜になって突然の激しい雨。
相変わらずマイペースにまったりと
日々、いろんな本を読んでいマス。

f0217224_22594250.jpg本日読み終えた「科学のとびら18 植物と病気」。この薄い本に何日要したか…。このシリーズは‘とびら’というだけに、入門書なのですが…かなり読みとばしています。(読むのだけれど、実験例のところになると8割くらい全く頭に入ってこない。本当に理解できない私が残念デス。)でも、それでもおもしろいですよ。著者の農学博士の大木さんという方は、本当にわかりやすく書いていらっしゃるのだと思います!ただ、人間がビタミンKを合成できずに腸内細菌からもらっていることが有名だなんて知りませんでしたし、プロトプラストということばも聞いたことがないのです、私。
こういうことを知ってて当たり前の世界のひとのための入門書なのかもしれませんね。(笑)
植物の病気に興味があれば、難しいことはさておき、なるほどなぁ~と思うことはたくさん書いてありますよ。

菌のはなしは、マンガ『もやしもん』で学習?してますし。
もやしもん、実写ドラマ化されるなんて!
深夜枠というのが早寝の私にはつらいところではありますが、
とても楽しみにしています。

梨木香歩さんの小説も植物界と人間界(←こんな表現アリですか?)がつながっていて面白いです。
何だか、この3冊は共通するものを感じてしまいました。
[PR]
by go-chang | 2010-02-27 23:20 | Book

春一番

暖かな一日でした。
洗濯を干し、布団を干し、そして豪(ワンコ)を洗い、
豪のおもちゃたち(友達?)や毛布も一挙に丸洗い!
しかし、花粉で目はかゆいしくしゃみ・鼻水ずるずる…
花粉シーズンも本番です。

ステルニー‘シルバースター’が1つ、咲いていました。
sternii‘silver star’
f0217224_20585886.jpgコルシカスとリビダスの交雑種。
f0217224_2101069.jpg‘フォエチダス’という葉が切れ込んでいる原種系のコは、何と昨年の夏に突然死!順調に育っていたのですが…。蒸れにやられたかな…と思っています。
f0217224_2132315.jpg































大株のコ、上から撮ってみました。
すごいな~。
花期が長いのがいいですね。

明日から天気が崩れてまた寒くなるとか。
春~♪なんて勢い良かった植物たち、びっくりしちゃいますね。








そして今日は春始まりの手帳が届きました。
「今年は手帳なんかいらないや。」なぁ~んて、用意してなかったのですが、
仕事がシフト制ということもあり、
急遽、手配。
気持ちも新たにね。
で、手帳の入っていた箱をあけると↓メッセージが。
f0217224_21105696.jpg春特集でファッション誌も分厚い今日このごろ…母曰く「おっさんみたいな格好」(←作業上、いたし方ないこともありますが。)を改め、女子力UP!がんばります!(ほんまかいな。)
[PR]
by go-chang | 2010-02-25 21:21 | 植物

ブランド派。

プリムラ・ポリアンサ。
ここのところお天気だったせいか、
よく花があがってきています。

プリムラ・ポリアンサとプリムラ・ジュリアン。
一見、同じ。
市場に出始めは株の大きさ(ジュリアンのほうが小ぶりです。)で区別していたとか。
香りのある、なしもあるような気もしますが。
シングル、八重咲き、バラ咲き、と咲き方にもバリエーションがそれぞれにできてきて、
もう最近はラベルなしでは区別するのに時間がかかりますね。

あくまで好みの問題なのですが、
どうも私はポリアンサの単純な色と形が好きではありません。
幼稚園児に「お花の絵を描いてみて。」といった時に、
真ん中に丸を描いて、周りを花びらで囲む…的な単純さと、
いかにも、なはっきりした色がなんとも幼稚な印象。
ひねくれていますかね。(笑)
f0217224_1730231.jpg

でも、このコは別。
ごひいきにしてます。
エッジが効いて、大人な感じでしょ?

秋から初夏まで、花壇を賑やかに彩るパンジー。
基本的に、go-garden、パンジー・ビオラは植えない。…のですが、
(理由はポリアンサ嫌いにも似ます。)
来る日も、来る日も、気の遠くなるような数のパンジーを相手にしているうち(仕事で)
このコたちは!と思い連れ帰った方々をご紹介。
f0217224_1738652.jpg
f0217224_17381734.jpg
f0217224_17382790.jpg

サントリーの“ミルフル”です。
なんとも色幅があってきれい。
ちょっとフリルってのも。
軽やかな印象です。
ビオラは“バレンタイン”。
くっきりした感じと、あまり花茎がのびないのが気にいりました。
パンジー、ビオラはブランド派、デス。
広~い面積をパンジー・ビオラで彩るとなれば選び方も違うのですが、
小さな鉢で楽しむとなると、お気に入りでないと!
目が細かいところまで気になるのは日本人の特性なのかも。

あ、もちろんパンジーもビオラも単植ではありません。
しっかりチューリップの球根が埋まってます(笑)
[PR]
by go-chang | 2010-02-22 17:49 | 植物

ウォーキング。

夕食後、てくてく歩いてはや、20日。
4~5kmくらいのものでしょうか。
体調を整えるために。

養命酒を飲み続けること、4ヶ月。
体調を整えるために。

お風呂にバブをいれ続けて4ヶ月。
体調を整えるために…。

身体って痛むのは直ぐなのに、
直すのは時間がかかりますよね…。
1日1日を大切にしないとな…とつくづく思います。

f0217224_22132719.jpg

画像は、ヘリクリサム・銅葉キンギョソウ・カレックス。
なかなかの景色。
銅葉のキンギョソウは、自立が困難なへなっとした株でしたので、
脇(ヘリクリとカレックスで)で支えていたのですが、
すいぶんしっかりしてきてよかった、よかった。
ヘリクリサムは他のこの栄養までとっちゃうくらいかなり生育旺盛なので、
寄植えに使う時には注意して観察してあげないと。

もうそろそろ、沈丁花が咲きそうです。
[PR]
by go-chang | 2010-02-21 22:30 | 健康

春告魚

久々に朝からお洗濯日和でした。
本日、昼食にハツモノ。
“どろめ”。
イワシの稚魚です。
三杯酢でいただきます…ゆずをたっぷり絞って。
これからしばらく、ほどよく小さいうちが美味しい。

f0217224_23434098.jpg

昨年のこぼれだねから早くも花が…
セリンセ・キャンディ。
f0217224_23454647.jpg

こんなに大きな株デス。
セリンセ・マヨールと思われる株はまだ蕾の姿も見当たりません。
ドットの入った葉といい、かわった咲き方(伸びながら咲く)といい…
本当になんて魅力的なコ。
しかし、野菜っぽいな。
f0217224_2347453.jpgこちらは、発芽したクリスマスローズを昨年ポットあげしたものをようやくスリット鉢に植え替えました。
これでしばらく株の充実をはかっていきたいと思います。
全部で15鉢。
はてさて、どんなコに出会えるか楽しみです。
(気の長い話ですが…。)
クリスマスローズの世界展の様子などを見ると、
寄植えの1つにクリスマスローズを使う提案もみられますね。
…性質的に、クリスマスローズは根の張りも早いですし、
私は個人的におススメではないですね。
仕事としてはやっちゃうでしょうが。(笑)
(※もちろん、その後の管理方法などのご説明はしっかりさせていただきます。)
[PR]
by go-chang | 2010-02-20 23:56 | 植物

三寒四温。

ここ何日か、お天気のはっきりしない冷たい日が続いています。
普段、スポーツにあまり興味のない私ですが、
オリンピックを見始めると、なかなか外へは出られない。(笑)
高橋選手の銀メダル獲得!
本当に良かったですね。

我が家の植物たちは…

一番の古株のクリスマスローズ。
シングルのスポット。
なかなかの美人ちゃんです。
f0217224_15523092.jpg

ここ数年は鉢の大きさも限界で、
株分けしようか、このままいこうか…と迷うのですが、
今年も大株のまま花をたくさんつけてくれました。
f0217224_1661529.jpgこちらは、今年初めてお顔(花)を見せてくれたダブル。
小さなポット苗(“ダブル”ということ意外は情報なし、でした。)を購入し、育てていたもの。
こんなにたくさんの花!

















気になるお顔を拝見。
f0217224_16103317.jpg
なかなかの美人ですね。(親ばか?)
“ダブル”って開花株にもなると、本当に高価ですものね~。
クリスマスローズも、クレマチスも、私は「ポット派」です。
咲くまでがまた、楽しい。
いつぞや、「いくら美人でもうつむいとったら病人みたいで気にいらん!」なんていう男性の方の意見も…。









原種系のクリスマスローズもあと少しで開花デス。f0217224_16233460.jpg
こちらも新顔。
昨年、ひたすら株が大きくなりましたが、
原種系を育てるのは初めての上、
育て方の情報もほとんどなく、いったいどこに花芽が???などと思いつつも、痛んだ葉を取り除き…不安も多かったのですが、この四国の厳しい夏を乗り切って無事、花を咲かせてくれそうです!





f0217224_16265727.jpg
分かりづらいかもしれませんが、画面中央にチューリップの芽。
昨年の12月にダブルデッカーに仕込んでおいた鉢です。

確実に春が近づいているのを感じます。

この時期、日々変化が見られる植物たちから目が離せませんね!
[PR]
by go-chang | 2010-02-19 16:33 | 植物